ここから本文です

未来のユニクロを見据えた「Uniqlo U」が発売、発表会に佐々木希が登場

Fashionsnap.com 9/29(木) 13:55配信

 「ユニクロ(UNIQLO)」が、9月30日に発売されるクリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)率いるパリR&Dセンター発の新ライン「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」の商品発表会を都内で行った。女優の佐々木希をゲストに迎え、発売を翌日に控えた新ラインをアピールした。

【写真】笑顔の佐々木希

 デビューコレクションではウィメンズ52アイテム、メンズ35アイテムを展開。ニット、アウター、パンツ、スカート、グッズなどをラインナップし、ユニクロが掲げるコンセプト「人々のあらゆるライフシーンをより快適に豊かにする服=Life wear」を新たに提案する。会場では、脇に縫い目がなくシルエットを美しく見せるというニットワンピースや、カシミアブレンドのセーター、東レとの共同開発による風を通さない素材を裏地に使用したコートなど、トーナルカラーで組まれた4体のコーディネートが紹介された。

 発表会では、ファーストリテイリング執行役員ユニクログローバルマーチャンダイジング担当の堺誠也がブランド誕生の背景やコンセプトを説明。「昨年のコラボレーションでは、どちらかと言うと“ルメール色“が強かった。新ラインではルメール氏にユニクロの中に入ってもらい、デザインチームと創り上げた未来のユニクロを見据えたコレクションになっている」とアプローチの違いについて明らかにした。ルメールがデザインチームに加わることで、デザイン力や素材を活かしたニューベーシックの構築といった「商品と人材の進化」が推進され、ユニクロブランド全体の向上を目指していくという。

 ゲストの佐々木希は、ダークグリーンのウールのセーターにプリーツスカートを合わせた上下ニットのスタイルでステージに登壇し、「昨年のコラボもたくさん着させて頂いた。今回さらに着心地が良く、他にはない繊細な色合いがとても好み」と実際に着用した感想を述べ「普段のアイテムにプラスしても、全身コーデでも着られるデザインなのでたくさんの方に着てもらいたい」と太鼓判を押した。

 明日の発売を前に、ユニクロ銀座店では12階に設置された新ラインのフルラインナップ(一部11月発売)がそろうスペシャルフロアを公開。他店舗では、発売開始の時点では「Uniqlo U」を販売するスペースを店舗の一角に構え、メインラインとの違いがわかるようにディスプレイし、認知度向上を図っていく。価格帯はこれまでのコラボコレクションに比べて価格を抑え、1,500円~14,900円。今後、「ユニクロ ユー」は年2回の新作コレクションを発表し、発売後のカスタマーの反応や意見を取り入れ、次回以降のコレクションに反映し進化させていくという。

最終更新:9/29(木) 13:55

Fashionsnap.com