ここから本文です

南陵中70周年記念で花植え 福高三和分校生徒も一緒に

両丹日日新聞 9/29(木) 14:43配信

 創立70周年を記念して、京都府福知山市南岡町の南陵中学校(片山哲朗校長)で28日、美化委員会の3年生がプランターに花を植えた。同校同窓会(衣川眞司会長)が福知山高校三和分校から花とプランターを購入し、三和分校の生徒らも花植えを手伝い、互いに交流を深めた。

 三和分校からは農業科2年の生徒2人と引率の教員3人が訪れ、初めに高校生が、花の名前などを中学生10人に伝えた。このあと一緒に、プランター25個に、マリーゴールド、キキョウ、ガガニア、ハボタン、ストックの5種を全部で175本植えた。

 美化委員長の松本萌璃さんは「今年は70周年ということで、今より美しい学校を目指しています。みんなが美しいと思える学校にしたいです」と元気よく話した。

 花を植えたプランターは、10月6日と11月21日の記念講演会などで、体育館前の渡り廊下に飾り“花道”にする予定。

両丹日日新聞社

最終更新:9/29(木) 14:43

両丹日日新聞