ここから本文です

[UCL]バルセロナ、ネイマールがトップ下の新布陣に挑戦 アルダ&ピケ弾で苦しみながらも逆転

theWORLD(ザ・ワールド) 9/29(木) 7:10配信

メッシ不在で、新たなチャレンジ

UEFAチャンピオンズリーグ、グループステージ第2節が28日に行われ、グループCのボルシアMGとバルセロナが対戦した。

ボルシアMGの本拠地ボルシア・パルクに乗り込んだバルセロナはチームの大黒柱、リオネル・メッシがそけい部の負傷で欠場。スポルティング・ヒホン戦ではMFアルダが代役を担ったが、今回はFWパコ・アルカセルが起用され、スアレスと2トップを組み、ネイマールがトップ下に入る新布陣にトライする。だが、攻めあぐねるバルセロナに対してボルシアMGがカウンター攻撃で牙をむく。34分、バルセロナのパスの供給源MFブスケッツのところでボールを奪いきると、MFダフードのパスに抜け出したMFトルガン・アザールがゴールに流し込んで先制に成功する。ホームでは1月26日から負け知らずのボルシアMGが試合を優位に進めた。

1点を追いかける展開となったバルセロナは後半、FWパコ・アルカセルに代えてMFラフィーニャ、MFラキティッチに代えてMFアルダを投入し、慣れ親しんだ布陣に戻すと一気に試合の流れを引き寄せる。65分、ネイマールの浮き球のパスに抜け出したアルダがGKゾマーの頭上を射抜くシュートを決めて同点に持ち込むと、さらに74分、CKの流れからFWスアレスのシュートのこぼれ球をDFピケがGKをかわしてゴールに蹴り込み逆転に成功した。試合はそのまま終了し、バルセロナは2-1のスコアでボルシアMGに勝利を収め、セルティック戦に続きUCL2連勝を飾った。

[メンバー]
ボルシアMG:ゾマー、コルプ、クリステンセン、エルベディ、トラオレ、ダフード、クラマー、ベント、シュティンドゥル(→ハーン 84)、アザール(→ヘアマン 80)、ラファエウ(→ジョンソン 48)

バルセロナ:テア・シュテーゲン、セルジ・ロベルトピケ、マスケラーノ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、ラキティッチ(→アルダ 59)、イニエスタ、パコ・アルカセル(→ラフィーニャ 54)、L・スアレス、ネイマール

[スコア]
ボルシアMG 1-2 バルセロナ

[得点者]
ボルシアMG:アザール(34)
バルセロナ:アルダ(65)、ピケ(74)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/29(木) 7:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報