ここから本文です

ズベレフ兄弟はアレクサンダーが棄権、ミーシャは8強 [シンセン/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/29(木) 10:30配信

 アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がサンクトペテルブルクでツアー初タイトルを獲った3日後、疲労を理由に「シンセン・オープン」(ATP250/中国・シンセン/9月26日~10月2日/賞金総額64万1305ドル/ハードコート)の棄権を決めた。ズベレフはロシアから遅れて到着し、28日(水)に1回戦を戦う予定になっていた。

19歳ズベレフがツアー初優勝「子供の頃には想像もしていなかったこと」 [サンクトペテルブルク・オープン]

 19歳のズベレフのツアー優勝は、ここ8年でもっとも若い選手のATPタイトル獲得だった。

 ズベレフの替わりに本戦入りしたのはラッキールーザーのトーマス・ファビアーノ(イタリア)。日本の西岡良仁(ヨネックス)と1回戦を戦い、3-6 6-3 6-4で倒して2回戦に駒を進めた。

 ズベレフの兄ミーシャ(29歳)は予選を勝ち上がっての本戦出場で、この日の2回戦では第7シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を7-6(3) 6-4で倒した。ミーシャは10本のサービスエースを記録し、サービスからのポイントの79%を獲得して、やはりフォニーニを倒した昨年のバレンシア以来となる準々決勝進出を果たした。

 第3シードのリシャール・ガスケ(フランス)は2回戦で、予選勝者のアンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)を6-1 6-0で下した。ガスケは準々決勝で、ミーシャと対戦する。

 第2シードのダビド・ゴファン(ベルギー)はマレク・ジャジリ(チュニジア)に6-7(2) 6-3 2-6で敗れ、シーズン末の「ATPツアー・ファイナル」の出場権を得るためのレースで一歩後退することになった。ジャジリは2週間前の「モゼーユ・オープン」に続き、2週間で2度目の準々決勝進出を果たした。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 18: Alexander Zverev poses with his brother Mischa Zverev during day one of the 2016 Australian Open at Melbourne Park on January 18, 2016 in Melbourne, Australia. (Photo by Vince Caligiuri/Getty Images)

最終更新:9/29(木) 10:30

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。