ここから本文です

女王ケルバー 逆転負けで3回戦敗退、8強ならず<女子テニス>

tennis365.net 9/29(木) 11:54配信

武漢オープン

女子テニスツアーの武漢オープン(中国/武漢、ハード、WTAプレミア5)は28日、シングルス3回戦が行われ、第1シードで世界ランク1位のA・ケルバー(ドイツ)は第14シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)に7-6 (12-10), 5-7, 4-6の逆転で敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

【アンジェリーク・ケルバー 選手詳細情報】

両者は今回が10度目の対戦で、5勝5敗。

28歳のケルバーは今季好調で、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝。全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は初戦敗退も、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で決勝進出、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ではグランドスラム2勝目をあげた。

また、全米オープン後に発表された世界ランキングで、S・ウィリアムズ(アメリカ)を抜いて1位へ上り詰めた。

一方、勝利したクヴィトバは、準々決勝で第11シードのJ・コンタ(英国)と対戦する。

同日、その他では第3シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)、第4シードのS・ハレプ(ルーマニア)、第8シードのM・キーズ(アメリカ)、第9シードのS・クズネツォワ(ロシア)がベスト8へ進出している。

tennis365.net

最終更新:9/29(木) 11:54

tennis365.net