ここから本文です

フィルミーノやコウチーニョより結果を出す リヴァプールで最も得点に絡んでいるのは意外な男

theWORLD(ザ・ワールド) 9/29(木) 10:50配信

絶対に外せない選手の1人

昨季の開幕以来リーグ戦で最も多くの得点に絡んでいるリヴァプールの選手は誰なのか。多くのサポーターはロベルト・フィルミーノ、フィリペ・コウチーニョ、ダニエル・スタリッジといったアタッカーを思い浮かべるだろう。しかし、最も得点に絡んでいるのは意外な選手だ。

英『Daily Mirror』によると、その選手とはユーティリティープレイヤーとして知られるMFジェイムズ・ミルナーだ。今回同メディアは得点とアシストの数に着目しているが、ミルナーは昨季の開幕から8得点12アシストの成績を残している。PKを担当する機会が多いために得点の数が増えるのは当然だが、様々なポジションで起用されながらアシストを12本も決めているのは見事だ。今季はサイドバックで起用されるなど便利屋として使われる機会が多いが、得点とアシスト合わせ20の得点に絡んでいる。

これに続くのはフィルミーノで12得点7アシスト、コウチーニョが11得点7アシスト、アダム・ララーナが7得点9アシストだ。今のチームでフィルミーノ、コウチーニョ、ララーナは絶対に外せない選手だが、陰からチームを支えるミルナーも忘れてはならない存在だ。

ボランチ、サイドハーフ、サイドバックと様々なポジションを無難にこなし、経験とリーダーシップも併せ持つミルナーこそリヴァプールにとって絶対欠かせない選手なのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/29(木) 10:50

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革