ここから本文です

小学生の読書時間ってどのくらい?うちの子は多いの?少ないの?

ベネッセ 教育情報サイト 9/29(木) 16:00配信

ワクワクしたり、深く考えたり、心から感動したり…。多感で吸収力のある小学生時代に、そんな読書体験の時間がもてるといいですね。小学生は今、どんなふうに本と接しているのか、データを参考に考えてみました。

<気になる!>小学生は1カ月に何冊くらい読んでいるの? ⇒ 半数以上が0~5冊。10冊以上も1割を越える

読書が大好きな子、あまり自分からは読まない子、子どものタイプはさまざまです。けれど、「本を好きになってほしい」という思いは保護者に共通のもの。では、小学生は実際にどのぐらい読書をしているのでしょうか。

 

1か月に何冊読んだかというアンケート(※1)によると、0~3冊という回答が45.9%とトップ。2位は4~5冊の20.9%。合わせると3~5冊程度の本を読んでいる子が多いという結果でした。10冊以上読んでいる子どもも15%ほどいました。

<気になる!>高学年だと、読書時間はどのくらい? ⇒ 平均読書時間は1日約20分

では、マンガや雑誌以外の本を読むのに費やす時間はどうでしょうか。調査結果(※2)によると、小学校高学年では、平均で一日に20分前後を読書に費やしています。これは、マンガや雑誌を読む時間に比べるとほんの少し多い数字です。一方で、テレビゲームや携帯ゲーム機で遊ぶ約40分強という時間に比べると半分以下の結果になっています。

<気になる!>本を読むって効果があるの? ⇒ 多くの家庭で読書の効果を実感している

読書に対しての、各家庭の考えを聞くと、「さまざまな知識を身につけることができる」「さまざまな世界を楽しむことで、想像力が養われる」「読解力や論理的思考力が養われる」などの項目に対して、9割以上の人が肯定的に考えています(※3)。また、「特に読書をしなくても、日常生活や勉強に支障はない」という項目には、6割近くが否定的。多くの保護者が、読書に対してさまざまな効果を感じているようです。

子どもが本にふれる機会を積極的に

家庭での読書を推進するために心がけていることとしては、「図書館に連れていく」が58%とトップ。その他にも、「本のことについて話をする」「本を買い与える」ということを半数近くが行っており、子どもが本にふれる機会をできるだけ多くもてるように、多くの保護者が働きかけている様子が伺えます。子どもの「読みたい」という気持ちをうまく引き出すために、それぞれの興味や年齢に応じた、よい本との出合いを提供してあげたいですね。

※1ベネッセ教育情報サイト 小学生を持つ保護者へのアンケート(投票期間:2013/05/01~2013/05/15 回答数:1,480票)

※2ベネッセ教育総合研究所「放課後の生活時間調査2013」より。

ベネッセ 教育情報サイト

最終更新:9/29(木) 16:00

ベネッセ 教育情報サイト