ここから本文です

南アフリカ選手の八百長発覚、生涯出場停止処に<男子テニス>

tennis365.net 9/29(木) 16:17配信

テニス腐敗防止組織(TIU)

男子テニスでツアー下部大会を中心に活動していた南アフリカ出身で21歳のJ・チェッティが、八百長を行おうとしたことが発覚し、公式戦への生涯出場停止処分が下されたとテニス腐敗防止組織(TIU)が公にした。

【ドーピングで15年の出場停止】

TIUが明らかにしたところによると、2015年11月に南アフリカのステレンボッシュで行われたフューチャーズ大会で、選手へ故意に不正を持ちかけ、シングルスの試合に対して2,000ドル(約20万円)、ダブルスの試合に対して600ドル(約6万円)を渡そうとしたという。

依頼を受けた選手が誰かは明かされていないが、その選手はそれを拒否してTIUへ事実を報告した。

TIUが28日に伝えたところによると、独立した腐敗防止委員によって現在世界ランク1,857位のチェッティに対して生涯出場停止処分が言い渡された。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:9/29(木) 16:17

tennis365.net