ここから本文です

エアカナダ、名古屋/バンクーバー線に就航決定、2017年夏スケジュールから

トラベルボイス 9/29(木) 14:00配信

エアカナダは2016年9月28日(モントリオール時間)、2017年夏から就航される国際路線を発表した。それによると、路線拡大の一環として名古屋/バンクーバーの直行便運航が決定。就航日は2017年6月2日を予定、2017年10月27日までの季節限定となる(政府認可条件付)。

就航から7月までは週3便で運航し、8月と9月は週4便に増便される見通し。レジャー路線で展開するエア・カナダ・ルージュによる運航で使用機種はボーイング767-300ER。

そのほか、夏スケジュールの路線拡大ではトロント/ムンバイ、トロント/ベルリン、モントリオール/アルジェ、モントリオール/マルセイユ、バンクーバー/台北路線も加わる。名古屋(中部国際空港)は同社による日本で4つ目の発着地。インド・ムンバイへの就航とあわせ、カナダとアジア・中東間の運航は21路線になる。

トラベルボイス編集部

最終更新:10/4(火) 16:34

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。