ここから本文です

日比野菜緒 相手棄権で2年連続4強、2連覇へ前進<女子テニス>

tennis365.net 9/29(木) 18:43配信

タシケント・オープン

女子テニスツアーのタシケント・オープン(ウズベキスタン/タシケント、ハード、WTAインターナショナル)は29日、シングルス準々決勝が行われ、2連覇を狙う第4シードの日比野菜緒(日本)は第6シードのL・ツレンコ(ウクライナ)し、第1セットをゲームカウント7-6 (8-6)で先取した時点でツレンコが途中棄権したため、2年連続のベスト4進出となった。

【日比野菜緒 選手詳細情報】

両者は今回が初対戦だった。

準決勝では、第2シードのK・フリッペンス(ベルギー)と第9シードのD・アレルトバ(チェコ共和国)の勝者と対戦する。

昨年の同大会でツアー初優勝を飾った日比野は、今季8月のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で初出場にして初戦突破。グランドスラムでは、4大会全て本戦入りを果たしたがいずれも1回戦で敗れた。

tennis365.net

最終更新:9/29(木) 18:43

tennis365.net