ここから本文です

アトレティコの守備こそ世界No.1! アンチェロッティ「チャンス創るのほぼ不可能」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/29(木) 12:40配信

バイエルン、昨季に続き敗北

ドイツ屈指の名門バイエルン・ミュンヘンが28日、アウェイでチャンピオンズリーグのグループステージ第2節アトレティコ・マドリード戦に臨んだ。試合は0-1でドイツ王者の惜敗に終わり、指揮官のカルロ・アンチェロッティが同ゲームを振り返っている。

思えば昨季のチャンピオンズリーグにおいても、バイエルン・ミュンヘンの進撃を妨げたのはディエゴ・シメオネ率いるアトレティコだった。チームの舵取りがペップ・グアルディオラからアンチェロッティへと変わっても、いまだにバイエルンは“アトレティコの壁”に悩まされている。『beIN Sports』が試合後のアンチェロッティのコメントを伝えた。

「アトレティコ戦でチャンスを創ることはほぼ不可能だ。なによりもスピードを消されてしまう。それが最大の問題だったね。チャンスが決してなかったわけではない。オブラクに防がれてしまったミュラーのシーンのようにね。でもアトレティコが相手ではあのようなチャンスですら簡単じゃないよ。彼らは何人かメンバーを入れ替えたにも関わらず、ポリシーが全くブレないんだ」

百戦錬磨の名将に完敗を認めさせたシメオネ軍団こそ、いまや世界最高の守備を誇るチームと言っていいだろう。昨季は決勝でレアル・マドリードを前に敗れてしまったが、今季は台風の目になるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/29(木) 12:41

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報