ここから本文です

リオ五輪での敗戦がソン・フンミンを強くした 「動揺したし、落ち込んだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/29(木) 12:50配信

ロケットスタートに繋がる

現在トッテナムで好調を維持しているFWソン・フンミンにとって、今夏ブラジルでおこなわれたオリンピックはキャリアの大きなポイントになったのかもしれない。

韓国代表はグループステージから快進撃を続け、前回大会王者のメキシコ代表も下してみせた。しかし、決勝トーナメントではホンジュラス代表に敗戦。メダル獲得を目指していた韓国代表にとって非常に悔しい結果となってしまった。

英『TalkSport』によると、ソン・フンミンもかなり落ち込んだことを明かしている。しかしその経験が自身を強くし、今のパフォーマンスに繋がっているとコメントした。

「オリンピックの後はとても動揺してましたし、落ち込んでました。代表のために戦い、メダルを獲りたかったので。オリンピック後はシーズンに集中しないといけなかったけど、簡単ではありませんでした。でも家族、チームメイトが僕を助けてくれて、以前より強くなれましたよ。今は本当に調子が良いし、最高のスタートが切れました」

ソン・フンミンはまだまだこれを継続する必要があるとコメントしており、継続性が1つのカギになる。アジアを代表する選手にはすでになったはずだが、継続性さえ身につければワールドクラスの選手にもなれるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/29(木) 12:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報