ここから本文です

最大ゲーム差11.5 歴史的大逆転で栄冠に輝いた日本ハムの軌跡を辿る

Full-Count 9/29(木) 14:03配信

いくつもの逆境乗り越えつかんだ栄冠

 決して順風満帆なスタートとは言えなかったシーズン序盤から、球団新記録の15連勝。最後は福岡ソフトバンクとのデッドヒート制して4年ぶりとなるリーグ優勝を成し遂げた北海道日本ハム。6月24日の段階で最大11.5ゲーム差という位置からの猛追で大逆転優勝となった。しかし、そこに至るまでの道のりは大変険しいものであった。いくつもの壁を乗り越えてようやくたどり着いた日本ハムの今季のシーズンの戦いぶりを月ごとに振り返る。

【動画】日本ハム、大逆転で悲願の4年ぶりリーグ優勝達成の瞬間

【3・4月】
13勝15敗0分 月間勝率.464 順位3位

 敵地・QVCマリンで迎えた3月25日の開幕戦は、終盤に追い上げを見せるも、初回にエース・大谷が失った3点が重くのしかかり敗戦。2016年のシーズン初戦は黒星発進となる。続く2戦目も黒星で連敗を喫するが、3月27日の3戦目に有原が8回無失点の好投。増井が3人で抑えて今季初セーブを挙げ、1-0で今季初勝利を挙げる。

 札幌ドームでの本拠地開幕戦は、3月29日。5回に大谷の今季初本塁打が飛び出すなど、17安打13得点の猛攻。4万1138人の大観衆の前で圧勝劇を演じた。

 4月1日は静岡で迎えた福岡ソフトバンクとの今季初対戦。初回に幸先良く3点を先制し、8回に追い付かれたものの、最終回に陽の右中間を破る殊勲打で今季初サヨナラ勝利。今季の対福岡ソフトバンクでの勝ち越し6は、この勝利がきっかけとなった。

 3・4月は大きな連敗もなければ、大きな連勝もなく、13勝15敗。4月終了時の順位こそ3位だったものの、決して好スタートとは言えない2016シーズンの幕開けであった。

打撃爆発のレアード、投打で圧巻の成績残した大谷

【5月】
13勝9敗1分 月間勝率.591 順位3位

 5月は打者2人の活躍が特に光った。大谷が打者として出場の全試合で安打を放つなど、絶好調。5月4日からは5戦連続本塁打を放つなど、「打ち出の小槌」状態で快打を量産。相手投手に警戒させて四球での出塁も増加し、出塁率も上昇。チームの得点機会も増えた。

 もう一人のレアードも5月は打棒が爆発。全23試合に出場し、そのうちの9試合でマルチ安打を記録。打率.326、28安打、12本塁打、21打点の活躍で来日初の月間MVPを受賞。チームの勝ち越しに大きく貢献する活躍を見せた。

 チームは5カード連続の勝ち越しを果たすなど、状態が徐々に上向きに。13勝9敗と4つの貯金を生み出すも、順位は変わらずに3位。4月の半ばに首位を奪取した福岡ソフトバンク、2位・千葉ロッテを追う展開となる。

【6月】
15勝7敗0分 月間勝率.682 順位3位

 5月は打者として大きく貢献した大谷が、6月は投手としてチームをけん引する。6月5日の巨人戦では、自身最速、そして日本球界最速の163キロを計測。敵地・東京ドームの4万6239人の観客の度肝を抜いた。

 翌週の登板となった12日の阪神戦(札幌ドーム)では163キロを5度計測。7回を投げて31球が160キロ超えと規格外の投球を見せ、無失点の好投。その後の2度の登板機会もいずれも無失点に抑える好投で6月は自身4連勝。4試合を投げて4勝0敗0セーブ、31回、41奪三振、自責点1、防御率0.29という圧巻の成績で6月度の月間MVPを受賞した。

 チームは大谷の活躍もあり、19日の中日戦から連勝がスタート。7連勝で締めて15勝7敗と大きく勝ち越し。6月終了時の順位は3位と変わらずも、ここから北海道日本ハムの快進撃が始まった。

1/3ページ

最終更新:9/29(木) 14:20

Full-Count