ここから本文です

TOKIO国分太一「思わず口が滑った」驚きの“反省”エピソード告白に「子供!」「すごい嫌な奴だよ?」

E-TALENTBANK 9/29(木) 20:50配信

9月28日に放送されたフジテレビ系「TOKIOカケル」で、TOKIOの国分太一が「今年の夏の反省は?」という質問で驚きのエピソードを告白した。

今年の夏、友人たちと秩父へ泊まりでバーベキューをしに行ったという国分。そこでボードゲームの「人生ゲーム」を友人たちと楽しんだそうだ。そして、ゲーム上で進むコースを“サラリーマンコース”と“専門職コース”から選択する際に、友人から「お前は普段もう専門職じゃねぇかと。1回ゲームの中でいいから、サラリーマンやれ」と言われ、国分はその言葉通りサラリーマンコースを進んだと言う。

その選択の結果、国分は「まあ、気づけば借金だらけになってる。全然ダメで、僕が最後負けた訳ですよ。その負けた後に、罰ゲームが必要だろってことで、バーベキューの火を起こす、肉を焼くっていうのを全て僕がやらなきゃいけない状況だったんですよね」と屈辱を味わったことを告白した。

そして国分は「最終的に僕は友達に言ってやりましたよ。『ゲームではな?こういうことだけども、今のこの今世は、オレ勝ってるからな』って」と、悔し紛れに友人に放った言葉を告白すると、メンバーからは「子供!」という声が上がり、この日のゲストだった本田翼と山本美月も苦笑い。松岡昌宏は「あのね、すごい嫌な奴だよ?」とバッサリ斬った。

国分も「それを俺は反省してるんですよ」「思わず口が滑っちゃって、あの時」と反省しきりの様子だったが、松岡は「テレビ使って友達に謝るのやめてもらっていい?」と再度ツッコんでいた。

最終更新:9/29(木) 20:50

E-TALENTBANK