ここから本文です

珍獣センザンコウ、ワシントン条約で取引禁止 密猟横行で絶滅危惧

AFPBB News 9/29(木) 14:45配信

(c)AFPBB News

【9月29日 AFP】野生生物保護を目的とした国際条約「ワシントン条約(CITES)」の締約国は28日、全身がうろこで覆われた珍獣センザンコウを違法取引による絶滅から救うため、最高レベルの保護対象とすることを賛成多数で可決した。

 群れず、おとなしい哺乳類のセンザンコウは高級食材や伝統薬の原料として、特に中国やベトナム、アフリカ各地で珍重されている。その肉や体の部位への需要急増を受けて密猟が横行し、過去10年で野生の100万匹以上が密猟の犠牲になったとみられている。密輸量は哺乳類としては世界最大だ。

 こうした事態を受け、南アフリカのヨハネスブルク(Johannesburg)で開催中のCITES締約国会議は、センザンコウの取引禁止を圧倒的多数の賛成で決定した。声明によると、センザンコウは8種全てが絶滅の恐れがあるとして、国際取引を全面的に禁止する「付属書I」に掲載される。

 映像は締約国会議会場と、保護施設のセンザンコウ(23日撮影)。(c)AFPBB News

最終更新:9/29(木) 14:45

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。