ここから本文です

TOKIO、本田翼と山本美月の“好みのタイプ”にメンバー騒然。松岡「こんなに落ちてるリーダーって」

E-TALENTBANK 9/29(木) 21:20配信

9月28日に放送されたフジテレビ系「TOKIOカケル」に、本田翼と山本美月が登場。その際に、TOKIOの中でタイプのメンバーを聞かれた場面があった。

「本田翼と山本美月の生まれて初めて聞かれました」と題し、事前に用意されていたTOKIOのメンバーからの質問に“NGナシ”で答えるコーナーに挑戦した本田翼と山本美月。

男性のダメ行動で許せるものと許せないものを○×形式で答えていく質問では「メールの催促をする男性」に対して2人とも「×」を出し、「嫌だ」とコメント。山口達也から「すぐ(返事を)返すタイプですか?」と聞かれると、本田は「あ、無視しちゃうかも」、山本も「興味があればすぐ返します」と、20代女子の率直な意見を語った。

また、男性の下ネタに関しても2人ともNGを出し、長瀬智也から「でも一応笑うでしょ?」と聞かれると、本田は「もちろん。笑うけど、目全然笑ってないですよ」と真顔を披露し、TOKIOのメンバーを爆笑させた。

そして、TOKIOの中でタイプのメンバーを聞かれ、2人が一斉に指を差したのは長瀬だったことから、他のメンバーが落胆のあまり席を立つシーンも。長瀬を選んだ理由について山本は「無理に会話しなくても大丈夫だよって空気感を出してくれそう」と答えると、席を離れていた国分太一は「俺らじゃあ、全然そんな空気感出てなかったんだな」と自虐。

また、松岡昌宏は「見ろよ、リーダー!こんなに落ちてるリーダーって久々だぞ」と、城島茂の落ち込んだ顔をカメラが捉えていた。

最終更新:9/29(木) 21:20

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]