ここから本文です

ラスト登板のDeNA三浦が2回まで4失点も…直後にヒット&激走、逆転に成功

Full-Count 9/29(木) 19:00配信

三浦がヒットから3点目の生還、ロペスが勝ち越し2ラン

 DeNAの三浦大輔投手が29日、本拠地でのヤクルト戦で現役最終登板に臨み、2回の第1打席でセンター前ヒット。その後、激走を見せて生還した。チームは同点に追いつくと、ロペスの2ランで勝ち越した。

 三浦は初回に1失点。DeNAは直後に同点に追いついたが、2回には三浦がヤクルトのルーキー廣岡にプロ初打席初本塁打となる3ランを浴び、勝ち越された。

 しかし、その裏の攻撃で、先頭のエリアンがソロ。2点差とすると、三浦がヤクルト先発・杉浦からセンター前ヒットを放った。続く桑原のセンターへのヒットで、三浦は三塁まで激走。2死一、三塁とチャンスを作り、2番・梶谷がライト線へ2点タイムリー。三浦と桑原が生還し、再び同点に追いついた。さらに、ロペスが2番手・石山からレフトへ2ラン。勝ち越しに成功した。

 三浦が勝ち投手になれば、プロ野球新記録の24年連続勝利となる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/29(木) 19:01

Full-Count