ここから本文です

マツコ、福山雅治への“完璧じゃないところももう見せていい”発言に謝罪も、福山「ほぼ民意ですよ」

E-TALENTBANK 9/29(木) 21:30配信

9月28日深夜、テレビ朝日系『夜の巷を徘徊する 1時間特集』にゲストとして登場した福山雅治に、マツコ・デラックス自身の考えを伝える場面があった。

この日が全くの初対面だった2人。福山雅治がカレーが好物だということで、神保町のカレーの名店を訪問し、2人はお互いの芸能人生や仕事に関する深い対談を展開。対談中、マツコは福山の芸能人としての考えに強く共感し、2人はお互いに「メンタルが双子」とまで表現するほど意気投合していた。

その中で、マツコが「違うことに挑戦する時期って絶対また来る訳じゃないですか」と、これまで福山が歩んできたいわゆる“王道”ではないことに挑戦することもあるのではないか、と質問すると、福山は「自分がそういうことをやっていかないといけないのかなっていうのは、40入ってからっていうのは思うようになりましたね」と心境を語った。

そこからマツコ節が炸裂。「もうね、十二分にご奉公しましたよ」と福山を笑わせると、「需要と供給とかもうあんまり考えなくていい時が福山さんには来た気がする」「もう、福山さんはね、行っちゃっていい気がする…」と考えを披露。最終的に“冒険”出来るのは自分自身だとし、マツコ自身も常日頃同じようなオファーでも少しずつ変えるように努力しているものの「いつか自分をぶっ壊さなきゃいけない時が来るんだろうなって思ってる」とコメントした。

そして「ホント余計なお世話なんだけど」と前置きしながら「福山さんに至っては、結構、今私そのタイミングな気がする」と自身の思いを伝えた。これに対して福山は「遅くないですか?大丈夫ですか?」と逆に質問していたが、マツコは「遅くないよ~」と答えていた。

また、マツコは「福山さんの表現が好きか嫌いかは別にして、みんななんか完璧だなって思ってたと思うのね、福山さんに対して。完璧じゃないってところを、こうラジオでのエロトークだけではなく、表現として見せちゃってももういいのかなって」とさらに自分の考えを伝えると、そこで「ごめんなさいね、生意気なこと言って。ごめんね、アミューズ」と福山の所属事務所のスタッフに謝罪した。

すると、福山はそれを「いやいやいや」と制し、「いや、だからやっぱりね、アミューズさんも聞いといてもらいたい。見てる人はちゃんと見てるし、感じてる人はちゃんと感じてる。それはマツコさんの意見でもあるけれども、ほぼ民意ですよ」とマツコからの意見を真摯に受け止めている様子だった。

最終更新:9/29(木) 21:30

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]