ここから本文です

ルーニーの先発落ちが「最高の出来事」と語るファーディナンド氏 その心は……?

theWORLD(ザ・ワールド) 9/29(木) 17:31配信

後輩を思っての発言か

かつてマンチェスター・ユナイテッドで鉄壁を築き上げていた元イングランド代表のリオ・ファーディナンド氏が、低調なパフォーマンスによりチーム内での序列が下がっているウェイン・ルーニーについて言及した。

2004年にエヴァートンよりユナイテッドへ加入して以降、チームのシンボルとして君臨し続けてきたルーニー。しかしここ数年は際立った戦績を残すことができておらず、遂にジョゼ・モウリーニョ監督によってスタメンを外されてしまった。この状況について、かつての戦友ファーディナンド氏は「ルーニーにとって良いこと」だと話している。英『Evening Standard』が同氏のコメントを伝えた。

「ウェインは決してこの現状をポジティブには考えていないかもしれない。でもユナイテッドでスターティングメンバーから外れたことは彼にとって最高の出来事だと思うね。個人的にはそのように感じている。彼が自らのプレイをもう一度見つめ直す良い機会になるだろう。トレーニング中や、ピッチ外での過ごし方などをね。おそらくメンタル的にもフィジカル的にもリフレッシュできるはずだよ。まだ彼は30歳だ。世間が彼をメンバーから外すよう訴えるのは本当にバカげている。彼はもう一度笑えるようになるよ」

ルーニーが幾多の素晴らしいゴールを決め、チームに最高のクオリティをもたらしてきたことをハッキリと覚えているであろうファーディナンド氏の言葉には重みがある。悩めるイングランドのストライカーは、この言葉をどのような心境で聞いているだろうか。いずれにせよ、ルーニーが一刻も早くかつての輝きを取り戻せるよう期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/29(木) 17:31

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]