ここから本文です

ランの奥深さ堪能を 愛好家の70点展示来月2日まで

カナロコ by 神奈川新聞 9/29(木) 6:05配信

 洋ランの愛好家が丹精込めた約70点が並ぶ「秋のラン展」が、相模原市南区下溝の県立相模原公園の「サカタのタネ グリーンハウス」で開かれている。10月2日まで。

 会場にはカトレアなど、なじみの品種のほか、サクラのような花を咲かすものやギリシャ神話に登場する怪物メドゥーサにちなんだものなど珍しい品種も展示されている。

 29日まで出品作品の人気投票が行われ、30日から上位3作品を特別展示する予定。同公園は「普通のお店では見られないものが多い。ランの奥深さを知ってほしい」と来場を呼び掛けている。

 入場無料。開館は午前9時半から午後4時半まで。問い合わせは、同公園管理事務所電話042(778)1653。

最終更新:9/29(木) 12:03

カナロコ by 神奈川新聞