ここから本文です

日本橋三越本店全館がジャズに染まる!【~JAZZのある暮らし~ JAZZ WEEK】日本橋三越にて10月11日まで開催中

Billboard Japan 9/29(木) 12:55配信

 来年2017年は、オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドによる世界初のジャズレコードが録音されてから100周年。世界的にも節目の年を迎えるにあたり、「カルチャーリゾート百貨店」をテーマに、様々なイベントを開催している日本橋三越本店では、大人の街、日本橋にふさわしいジャズをテーマにした【~JAZZのある暮らし~ JAZZ WEEK】を10月11日まで、日本橋三越本店本館・新館の各階で開催中だ。

 全館の装飾や店内BGMもすべてジャズ一色となるこのイベントのメイン・ヴィジュアルは2013年『ビッグコミック』に連載が開始されると同時に、瞬く間に大ヒットマンガとなった人気マンガ家、石塚真一氏によるジャズをテーマにした『BLUE GIANT』とのコラボレーションとなっている。漫画の主人公である宮本大が日本橋の街でサックスを吹く姿が三越日本橋本店の様々な場所でディスプレイされるほか、7階ではミニ原画展も実施し、10月2日にはトーク・イベントも開催されるなど、『BLUE GIANT』のファンにも見逃せない2週間となる。

 本館の中央ホールでは【JAZZとウィスキーがとけあう Nihombashi JAZZ BAR】を開催中で、世界5大ウイスキーとそれに合うジャズの名曲をセレクトし、美味しいお酒と音楽が楽しめるほか、コースターの裏面には楽曲のダウンロードコードがついており、ジャズの名曲がダウンロードできる。また、このバーでは10月5日に新作をリリースするジャズ界のトップ・スター=ノラ・ジョーンズの最新ミュージックビデオや過去の名曲、そしてここでしか見られない秘蔵ライヴ映像を観ることができる。

 そしてイベント期間中はミュージシャンによるライブも毎日開催し、10月1日には、トランぺッター黒田卓也がスペシャルゲストとして登場する。また、中央ホールの象徴、天女像の周りには伝説的ジャズ・レーベル“BLUE NOTE”の秘蔵写真と歴史をフィーチャーした写真展を開催。BLUE NOTEの礎となった15人のアーティストの秘蔵写真とその代表作のエピソードを展示するほか、今年12月に刊行予定の『最強のジャズ100年史 名曲・名盤のブルーノート物語』行方 均(編・著)にも掲載予定のBLUE NOTEの年表が大きく展示される。

 はじまりのカフェ(7階)では、“はじめてのノラ・ジョーンズ”と題し、ノラの代表的な名曲から最新曲、秘蔵ライヴ映像などを愉しめるスペースを設置するほか、ジャズ100年の歴史を彩る100枚の名盤と、その名盤にまつわる有名アーティストたちの格言をフィーチャーした展示を開催している。史上最大規模のジャズの再発シリーズ“ジャズ百貨店”とコラボレーションした会場では100作品すべてを試聴することが出きる体験型のジャズ・イベントとなっている。

◎イベント情報
【~JAZZのある暮らし~ JAZZ WEEK】
開催期間:2016年9月28日~10月11日
場所:日本橋三越本店本館・新館
詳細:http://mitsukoshiguide.jp/jazzweek/

◎リリース情報
ノラ・ジョーンズ
『デイ・ブレイクス』
2016/10/5 RELEASE (日本先行発売)
詳細:Norahjones.jp

◎ジャズ百貨店
詳細:http://www.universal-music.co.jp/jazz/jazz-hyakkaten/

『BLUE GIANT』
最新第9集発売中
詳細:Bluegiant.jp

『最強のジャズ100年史 名曲・名盤のブルーノート物語』
2016年12月刊行予定
編集・著作:行方 均
本体価格:3,000円(tax out.)

メイン・ヴィジュアル:c石塚真一/小学館

最終更新:9/29(木) 12:55

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]