ここから本文です

石田衣良 モーツァルトの魅力を語る新書発売

Billboard Japan 9/29(木) 18:15配信

 作家の石田衣良が、モーツァルトの魅力を語る新書『モーツァルトのいる休日 ~大人の楽しむクラシック~』を9月29日に発売した。

石田衣良 その他関連画像

 本書は、モーツァルト生誕260周年となる今年、ベストセラー作家・石田衣良がモーツァルトと数々の楽曲の魅力、自身の作品や人生に与えた影響を語った一冊だ。特にお勧めの名曲10作品については、「石田衣良セレクション」として独自の視点から解説している。

 さらに、石田衣良が司会を務めるNHKの番組『ららら♪クラシック』で共演している、作曲家・ピアニストの加羽沢美濃との対談も収録。モーツァルトを中心にクラシック音楽の魅力や楽しさを語り合っている。


◎石田衣良 コメント
「むずかしいとか、古くさいとか、堅苦しいとか、クラシック音楽というと、とかく先入観だけで敬遠されがちだけれど、モーツァルトの音楽にはそんなところは欠片もない。人なつこく、やさしくて、いつも陽気。それでいて、きちんと腰を据えて話をしてみると、すごく深くまで人の心がわかっている。モーツァルトの音楽は理想的な隣人であり折にふれて会いたくなる親しい友人なのだ。
まだモーツァルトを知らない人は、まず一曲口ずさめるメロディを見つけてほしい。一度この素晴らしい世界に耳が開かれれば、どの作品もきっと楽しめるようになるだろう。
そのとき見つかるのは、モーツァルトという名のついた一生の宝なのである。」

◎書籍『モーツァルトのいる休日 ~大人の楽しむクラシック~』
2016/9/29 RELEASE
著者:石田衣良
定価:850円+税
判型:新書判 192ページ
ISBN:978-4-8399-6054-4

最終更新:9/29(木) 18:15

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]