ここから本文です

レッドブル チーム代表のホーナー「フェルスタッペン批判の99%には根拠がない」

オートスポーツweb 9/29(木) 11:49配信

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンを標的にした批判の99%には根拠がないと感じているようだ。

今季幾度となく非難の的にされてきたフェルスタッペン

 フェルスタッペンはその攻撃的なスタイル、特にバトルの中で順位を守ろうとするときのドライビングにより、今シーズン幾度となく非難の的にされてきた。

 FIAのレーシングディレクターであるチャーリー・ホワイティングでさえ、ベルギーGPでのキミ・ライコネンとの接触の後、やり方を穏やかにしなければ「悪名を馳せる」危険があると示唆したほどだ。

 フェルスタッペンを批判から守る必要があるかと尋ねられたホーナーは、「その批判が彼を守るに値するか否かだが、99%は必要ない。だからその批判を無視して仕事を続けるだけさ」と語った。

「彼が周囲の興味をかきたてている唯一の理由は、彼の振る舞い方によるものだ。若さゆえに妙な過ちを犯したりもするが、彼はそこからすぐに学んでいる。全てが彼の成長の一部であり、また学習プロセスの一部なんだ」



「並外れた才能を持ったドライバーが現れて成長していく過程では、彼らはいつも非難の的にされてきた。我々はいつもそれを見てきたよ」

「セバスチャン・ベッテルのときも、ルイス・ハミルトンのときも、フェルナンド・アロンソのときも、そしてアイルトン・セナのときもそうだった。歴史が証明しているんだ」

 フェルスタッペンが今季、自らへの意見やプレッシャーにうまく対処していることについてホーナーは感銘を受けたと言う。



「彼は著しく衆目を集め、そしてその年齢を理由にされた」

「たまに忘れてしまうが彼は18歳なのだ。そして、長く華々しいカートでのキャリアの後、既にモータースポーツの世界で3年のキャリアを積んでいる」

「彼がこの極めて短い期間で成し遂げたことは非常に驚くべきことだ」

「その勢いははずみをつけており、我々を驚かせ続けている」

「自信と経験があり、成長し続けているんだ。彼が他のチームではなく我々のチームのドライバーでいてくれて嬉しいよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/29(木) 11:50

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。