ここから本文です

F1パワーユニットの“戦略的大量交換”が不可能に。2017年新規則が発表

オートスポーツweb 9/29(木) 9:15配信

 FIAが2017年F1レギュレーションにおける変更を承認、パワーユニットのエレメントを一度に大量に導入してペナルティを最小限に抑えるという、現在は合法的に行われている行動がとれなくなる。

F1シンガポールGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

 世界モータースポーツ評議会会合が28日に開催され、2017年F1レギュレーションにいくつか変更がなされることが承認された。

 その変更のひとつが、パワーユニットのエレメント交換に関するものだ。合計21戦の今年はドライバーひとりあたりパワーユニットを5基使用でき、パワーユニットを構成する6つのコンポーネントのいずれかが6基目以降に入った場合はグリッドペナルティが科される。

 以前は降格分を消化しきれない場合にはタイムペナルティが科されたが、現在は、ペナルティは最大でも最後尾までの降格にとどめられている。そのため、一度にたくさんのエレメントを導入し、その後のペナルティを避けるという戦略が取られている。

 ベルギーではメルセデスがルイス・ハミルトンのエレメントを大量に交換、シーズン末まで走り切れると思われる量をストックした。こういった行動には批判が集まっており、2017年にはこれが違法となるような規則変更がなされることになった。

 FIAの声明には次のように記されている。 
「ひとつのグランプリ中にパワーユニットのエレメントのうち、ペナルティに値するものを2つ以上導入した場合、最後のエレメントのみが、さらなるペナルティなしにその後のイベントで使用することができる。これはパワーユニットのエレメントのスペアをストックすることを防ぐ措置である」

 つまり、来年は一度に同じエレメントを複数入れた場合でも、その後のレースでペナルティを受けずに使用できるのは1基のみということになる。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/29(木) 11:10

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]