ここから本文です

FE:2016/17年の“シーズン3”カレンダーを微調整もWECとの日程重複は変わらず

オートスポーツweb 9/29(木) 16:25配信

 9月28日に発表されたFIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)の決定事項のなかで、フォーミュラEのシーズン3となる2016/17カレンダーの最終版が正式発表された。

 これまで、7月15~16日開催の予定で、WEC世界耐久選手権のニュルブルクリンク戦とのバッティングが懸念されていたカナダ・モントリオールのダブルヘッダーが移動となり、同じ北米開催で最終戦に予定されていたニューヨークePrixとスワップする形となった。

 これにより先日、現地のカンファレンスにてコースレイアウトが発表されたばかりのニューヨーク、ブルックリン戦がWECとバッティングする形となり、昨季王者のセバスチャン・ブエミや、タイトルコンテンダーとなったルーカス・ディ・グラッシらがエントリーの調整を迫られることとなりそうだ。

 そのほか、新規追加予定のラウンドを『TBA』として暫定カレンダーに組み込んでいたフォーミュラEだが、それらふたつのイベントはなくなり、来季も全10戦で争われることが決まった。

 初開催のニューヨーク市街地は全長約2kmで、ブルックリン港湾部のクルーズターミナルに隣接し、自由の女神像を見上げるレイアウト。13のコーナーが設けられ勝負が繰り広げられる。

 ニューヨーク開催が「シリーズの長年の悲願であった」というCEOのアレハンドロ・アガグは「この素晴らしい舞台での開催が、ほかの国際イベントと重なる日程となることは避けたかった」と語れば、FIA会長を務めるジャン・トッドも、ニューヨーク市との開催契約締結までの経緯を説明するなかで「開催にこぎ着けたこと、そのものが大きな成果」とコメントしている。



■FIAフォーミュラE選手権 2016/17レースカレンダー
開幕戦 10月9日 香港
第2戦 11月12日 マラケシュ(モロッコ)
第3戦 2月18日 ブエノスアイレス(アルゼンチン)
第4戦 4月1日 メキシコシティ(メキシコ)
第5戦 5月13日 モナコ
第6戦 5月20日 パリ(フランス)
第7戦 6月10日 ベルリン(ドイツ)
第8戦 7月1日 ブリュッセル(ベルギー)
第9戦 7月15-16日 ニューヨーク(アメリカ)※
第10戦 7月29-30日 モントリオール(カナダ)※
※ダブルヘッダー

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/29(木) 18:13

オートスポーツweb