ここから本文です

ホンダ、10代目ボディの新型シビック・タイプRプロトを公開。WTCCベース車か?

オートスポーツweb 9/29(木) 16:35配信

 ホンダは9月29日から開催されているパリモーターショーで、10代目ボディの新型シビック・タイプRのプロトタイプを世界初公開した。

【グラマラスなシビック・タイプRプロトのリヤビュー】

 シビックは2015年のニューヨークショーで10代目が公開され、セダン、クーペ、ハッチバックという共通のプラットフォームを用いたバリエーションが公開されていたが、そこに“最強”の1台、タイプRが加えられることになった。

 セダン、クーペ、ハッチバックとともに開発されたという10代目は、現行のタイプRの特徴的なロー&ワイドなスタイリングをベースに、さらにアグレッシブで精悍さが際立つデザインを実現したという。

 なお、このシビック・タイプRはハッチバックとともにホンダUKで生産される予定で、今後はヨーロッパのみならず、北米への輸出も予定されているという。

 今回のパリショーでは、同時にハッチバックモデルも公開された。ハッチバックは空力特性を活かしたスポーティーなデザインに加え、優れた燃費性能の1.5リッター直噴VTECターボを搭載し、パワフルで快適なドライビングをもたらすとしている。

 現在WTCC世界ツーリングカー選手権では9代目タイプRボディのマシンが参戦しているが、今後新型タイプRボディの登場も大いにあり得そうだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/29(木) 16:47

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]