ここから本文です

ヒュンダイ、パリショーで17年型i20 WRCを公開。「過去2年の経験を詰め込んだ」

オートスポーツweb 2016/9/29(木) 17:39配信

 世界ラリー選手権(WRC)に参戦しているヒュンダイは、9月29日からフランス・パリで開催されているパリモーターショーで2017年型i20 WRCのプレビューモデルを公開した。

 既報の通り、この新型i20 WRCは3ドアモデルの市販型i20をベースに開発されており、エンジン出力とエアロ開発の拡充、電子制御デバイスの解禁など、大幅な改定が行われる17年車両規則に則って製作されている。

 公開されたプレビューモデルには、開発車両らしくカモフラージュ柄の塗装が施されている。チームによれば正式なカラーリング発表は今年12月に行われる予定で、来年1月のラリー・モンテカルロに向け、年内は車両開発に取り組むという。

 ヒュンダイ・モータースポーツ代表のミシェル・ナンダンは「2017年のテクニカルレギュレーションによって、すべてのチームはゼロからのスタートを切る」と語る。

「これによって、我々は新たに技術的挑戦をすることができた。よりワイドでパワフルになる17年型WRカーによって、WRCのエンターテインメント性は格段に向上するだろう」

「今年は素晴らしい成績を残しており、この流れを維持できるよう、新型i20 WRCには過去2年間で培った経験を詰め込んである」

「エンジンなどのパワートレインの評価も兼ねて、今年4月にテストをスタートさせた。直近ではマシンのサスペンションとディファレンシャル、エアロ周りにも改良を加えている。この17年型マシンの最終形態を、年末にお見せするのが今から待ち遠しいよ」

 ヒュンダイは現在チームランキング2番手につけており、このポジションを盤石なものとするべくティエリー・ヌービルとダニ・ソルド、ヘイデン・パッドンの3名体制で現地29日に開幕するWRC第10戦ツール・ド・コルスへ挑む。



[オートスポーツweb ]

最終更新:2016/9/29(木) 17:42

オートスポーツweb

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!