ここから本文です

きになる西武の新監督人事、ファンの声は…?

ベースボールキング 9/29(木) 22:00配信

 田辺監督の退任が決定…気になる後任人事は?

 9月29日、西武ライオンズの2016年シーズンが終わった。

 チームは1976年から81年の6年連続以来となる3年連続Bクラスに低迷。田辺監督は「伝統と歴史のある球団にあってはならないこと」として、その責任をとって辞任すると28日の試合後に表明した。

 「必ずや生まれ変わったライオンズを来季、見せてくれるでしょう」。29日の試合後に行われた最終戦セレモニーで、指揮官はファンに最後の挨拶をした。

 
 “生まれ変わったライオンズ”――。

 後任監督に関しては、ここに来て中日の辻発彦一軍作戦兼守備コーチが濃厚と報じられている。9月に入って以降、前ソフトバンク監督で球団OBでもある秋山幸二氏や元ヤクルトの宮本慎也氏といったところから、潮崎哲也ヘッド兼投手コーチの昇格など、多くの名前が挙がり注目を集めていた。

 そこでベースボールキングでは、28日と29日の試合前に西武プリンスドームへ来場していた西武ファン100人を対象に、“次期監督”についての想いを聞いてみた。

 “西武黄金時代”を知るOBに多くの票

 最も多かった声は、秋山幸二氏を推す声であった。

・「西武OBだから」
・「黄金時代のスーパースター」
・「ソフトバンクでの実績がある」
・「もう一度ライオンズのユニフォームを着ている姿を見たい」

 などなど、西武の黄金時代を知るOBであり、ソフトバンクの監督として同チームを優勝へと導いた“経験”を評価する声が寄せられた。また、「華がある」、「秋山監督グッズが欲しい」といった秋山氏自身の人気の高さもうかがえた。


 一方、報道で次期監督就任が有力視されている辻氏を望むファンもいた。

・「今まで一度も(監督を)やっていないから見てみたい」
・「(現役時代の)守備が上手かった」
・「辻さんなら立て直せる」

 こういった具合に、現役時代の堅実なイメージに加え、指導者としての豊富な経験に期待する声が聞かれる結果に。

 今季の西武は失策の多さが目立ち、シーズン通算の失策数は12球団ワーストの「101」。まだ全試合を終えていないものの、優勝した日本ハムの「74」と比べるとその差は歴然だ。

 守備面の立て直しが急務であることはファンの目から見ても明らか。現役時代に8度のゴールデングラブ賞を獲得し、黄金時代の西武を守備面でも支えた辻氏に期待したくなる気持ちも理解できる。


 また、『秋山監督・辻ヘッド』という意見も多かった。

・「秋山さんは、(現役時代に)バック転とかパフォーマンスがすごかったので、監督としても目立ちそう。チーム作りは辻さんにしっかりやってほしい」
・「この2人のタッグなら最高」

 と、興奮した様子で話すファンも見受けられた。


 その他、候補のひとつに挙げられる潮崎氏の内部昇格、元監督の渡辺久信氏(現球団シニアディレクター)や東尾修氏の復帰、かつてキャプテンとして活躍した元西武の石毛宏典氏など、“黄金時代”を知るOBの監督就任を望むファンが多数を占めた。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 22:00

ベースボールキング