ここから本文です

SUUMO調べ、都道府県ライバル対決、どこがライバル?何が理由?

SUUMOジャーナル 9/29(木) 6:50配信

(株)リクルート住まいカンパニー(東京都千代田区)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、賃貸居住者へ住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMO 賃貸居住者に聞く!気になるランキング」として紹介している。
テレビやラジオでもよく見かける各都道府県のライバル対決。観光地や名産品、経済規模などで似た地域がよく比較されている。実際にその土地に住んでいる人たちは、一体どのようなことから他の都道府県をライバルとして意識するのか? そこで今回は、全国のランキング結果から選りすぐった、各地のライバル関係を紹介する。

【調査概要】
●調査時期:2016年3月11日~2016年3月30日
●対象者:日本国内で賃貸住宅に住んでいる20~79歳までの男性6604名・女性7496名
●調査方法:楽天リサーチ インターネット調査
●有効回答数:14100

【結果1】
Q.あなたがライバルと思う都道府県は?(複数回答)
<北海道>
1位:沖縄県 56.0%
2位:東京都 11.9%
2位:福岡県 11.9%
4位:青森県 8.3%
5位:宮城県 5.5%

<沖縄県>
1位:北海道 84.5%
2位:宮崎県 7.0%
3位:京都府 4.9%
4位:鹿児島県 4.2%
5位:福岡県 2.8%
※上位5位まで表示

北海道と沖縄県は互いに相手を『ライバルだと思う都道府県』の第1位に指名。その理由として最も多く挙げられたのが「お互いリゾート地として有名だから」。人気リゾート地ながら北と南という真逆の位置にあることで、よりお互いを意識してしまうのかもしれない。

北海道では半数程度の人が沖縄県を指名したのに対し、沖縄県はなんと約85%の人が指名。広大な面積を誇り、農業も発展している北海道よりも、小さな島である沖縄県のほうが、よりライバル意識が強いようだ。

【結果2】
Q.あなたがライバルと思う都道府県は?(複数回答)
<埼玉県>
1位:千葉県 80.1%
2位:神奈川県 13.5%
3位:群馬県 7.0%
4位:東京都 6.4%
5位:栃木県 4.7%

<千葉県>
1位:埼玉県 68.0%
2位:神奈川県 29.3%
3位:東京都 9.4%
4位:茨城県 7.7%
5位:静岡県 1.1%
5位:愛知県 1.1%
※上位5位まで表示

関東圏からは埼玉県と千葉県の関係をピックアップ。東京都と神奈川県という二大巨頭が立ちはだかる関東では、三番手争いに火がついている。このような、近隣地域のなかで優位を競う争いは他の地域でも行われており、例えば岐阜県VS三重県の東海ビリ争いなどが見られた。

【結果3】
Q.あなたがライバルと思う都道府県は?(複数回答)
<静岡県>
1位:山梨県 59.7%
2位:愛知県 14.9%
3位:神奈川県 5.2%
4位:千葉県 4.5%
5位:愛媛県 3.9%

<山梨県>
1位:静岡県 52.1%
2位:長野県 34.6%
3位:群馬県 3.7%
3位:岡山県 3.7%
5位:鳥取県 3.2%
5位:島根県 3.2%
※上位5位まで表示

続いては、富士山をめぐる争いをピックアップ。静岡県と山梨県にまたがる「富士山」。日本を代表する観光地だけあって、どちらもゆずれない気持ちが強いよう。お互いのライバル指名理由も「富士山裏表問題」「富士山の反対側」など、富士山関連がほとんど。富士山の位置が変わることはないので、この争いは未来永劫解決することはないのかも……。

【結果4】
Q.あなたがライバルと思う都道府県は?(複数回答)
<鳥取県>
1位:島根県 96.1%
2位:岡山県 2.9%
3位:山口県 1.0%
3位:香川県 1.0%

<島根県>
1位:鳥取県 94.6%
2位:山口県 2.7%
2位:高知県 2.7%
2位:佐賀県 2.7%
5位:三重県 1.8%
※鳥取県は上位3位まで表示、島根県は上位5位まで表示

中国地方からは島根県と鳥取県の争い。名前の字面が似ていて、さらに隣に位置するため、よく間違われることが多いこちらの2県。お互いがマイナー県である自覚があるからか「同じような田舎だから」なんて理由も目立った。ほかの都道府県では得意な面や、誇れるものについて争っているのに対し、こちらは少しネガティブなランキング結果に。とはいえ他のエリアでもネガティブなライバル関係は多く、関東地方では茨城県VS栃木県、東北地方では青森県VS秋田県などが田舎対決をしている模様。田舎としての魅力を競うわけではなく、マイナーさや地味さを競うという、複雑なライバル関係になっている。

【主な回答】
<リゾート対決>
●北海道→沖縄県:両極端なので。(43歳・男性)
●沖縄県→北海道:同じ日本の端っこで、観光で成り立っているので。(36歳・女性)

<関東3番手対決>
●埼玉県→千葉県:埼玉県を馬鹿にしている人が沢山いるそう。(49歳・男性)
●千葉県→埼玉県:南関東のなかで、東京・神奈川をライバルとはとても言えないが都会と田舎が混ざった感じがよく似ているから。(46歳・女性)

<富士山対決>
●静岡県→山梨県:どちらも自分のところから見た富士山が、一番きれいだと思っているから。(56歳・女性)
●山梨県→静岡県:富士山は絶対山梨側から見たほうがきれいなのにメディアでよく使われるのは静岡側だから。(23歳・女性)

<田舎対決>
●島根県→鳥取県:どちらもマイナーな県で、混同されることが多いため。(36歳・女性)
●鳥取県→島根県:隣の県で、あまり関心のない人には区別がつかない、地味な両県だから。(53歳・女性)

「SUUMO 賃貸居住者に聞く!気になるランキング」コーナー:住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を発表。

ニュースSUUMO

最終更新:9/29(木) 6:50

SUUMOジャーナル