ここから本文です

決勝ゴールのアトレティコMFカラスコ、エースに感謝「いいパスをくれた」

SOCCER KING 9/29(木) 11:02配信

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が28日に行われ、アトレティコ・マドリード(スペイン)がバイエルン(ドイツ)を1-0で下し、グループDの首位に立った。

 決勝ゴールをマークしたベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコは試合後、チームメイトへの感謝を示した。クラブ公式サイトが伝えている。

 ゴールが決まったのは35分。前線でボールをキープしたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンからパスを受けたカラスコが、ドリブルで持ち上がって左足でミドルシュートを放つと、これが右ポストの内側を叩いてネットを揺らした。

 カラスコは「バイエルンの攻撃陣はとても危険だけど、うまくスペースを消すことができた。僕らはアグレッシブにプレーすることができたね」と試合を振り返ると、「グリーズマンがいいパスをくれた。そして幸いにも、シュートが決まったよ」とゴールをアシストしてくれたグリーズマンへの感謝を口にした。

 2連勝で首位に立ったアトレティコ・マドリードは次節、10月19日に敵地でロストフ(ロシア)と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9/29(木) 11:29

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報