ここから本文です

黄色いユニフォームの相手に3戦連続ドローのレアルに、海外紙「黄熱病にやられた」

SOCCER KING 9/29(木) 12:24配信

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節の目玉となる大一番で、アウェイでドルトムントと2‐2で引き分けたレアル・マドリードだが、現王者ながら2度のリードを守れなかった姿は、スペインだけではなく国外のメディアにも関心をもって伝えられている。

 まず、フランス紙『L'Equipe』は、試合終了間際の87分に同点弾を浴びたレアル・マドリードの詰めの甘さを指摘する一方で、ドルトムントとのアウェーでの試合には相性が悪いことに言及した。

「レアル・マドリードは後悔していることだろう。2度に渡るリードにより全てを終わらせたかと思った彼らは、ドイツのチームの精神力を計算するのを忘れてしまった。ドルトムントは、激しさに溢れた決定機の多い試合において、内容に相応しいドローをもぎ取った。ドルトムントを訪れるのは今回で6度目のレアル・マドリードだが、まだ1度も勝利を手にしていない」

 また、「クリスティアーノ・ロナウドがいてもダメ」と題打つなど、レアル・マドリードがエースの復帰から公式戦3試合連続ドローを喫したことにスポットを当てたイタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、その一方で昨シーズン終盤から20試合黒星を喫していないことも強調した。

「ドルトムントとマドリーによる一戦は、いつも通りのエンターテインメントとなった。ドルトムントはヨーロッパ王者を相手に2度のビハインドを追い付くことができた。一方、マドリーは全ての大会における無敗記録を20試合に伸ばした」

 一方、アルゼンチン紙『Ole』は、「ドイツのチームを相手に慢心してはならない」との教訓を掲げながら、レアル・マドリードにとっては消化不良の試合になったとの見解を示した。

「アウェーでのドローは重大な取りこぼしではないし、ドイツの強豪が相手ともなれば尚更だ。しかし、自分達がディフェンディング・チャンピオンであることや、勝利が目前だったことを考えれば、実りの薄い結果だったと言えるだろう」

 そして、「黄熱病にやられた」との面白いタイトルを掲げたブラジル紙『Globoesporte』は、白い巨人(レアル・マドリードの愛称)の3試合連続ドローの相手がビジャレアル、ラス・パルマス、ドルトムントといずれも黄色を基調とするユニフォームのチームであることに注目した。

「3試合連続で取りこぼしをしたレアル・マドリードだが、興味深いことに、その対戦相手は同じカラーを持つ3チームだった。前半は良い内容の戦いを見せたドルトムントは、後半に入り一旦はパフォーマンスが落ちたものの、最後になって持ち直すことができた」

文=北村敦

SOCCER KING

最終更新:9/29(木) 12:24

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]