ここから本文です

10月のアジア最終予選に臨む日本代表に招集されたJ所属選手コメント一覧

ゲキサカ 9/29(木) 16:44配信

 日本サッカー協会(JFA)は29日、都内のJFAハウスで記者会見を行い、10月に行われるW杯アジア最終予選に臨む日本代表メンバー26人を発表した。日本は6日に埼玉スタジアムでイラク代表、11日にアウェーでオーストラリア代表と対戦する。



 以下、Jリーグ所属選手コメント一覧

●GK西川周作(浦和)
「日本代表に選出していただき、大変嬉しく思います。まずは目の前の一試合に集中し、最後尾からチームを鼓舞しながら安定感を与えられるようなプレーを見せられるようにがんばってきます。応援よろしくお願いします」

●GK東口順昭(G大阪)
「選出され嬉しく思います。最終予選ということで、まずはチーム、日本としての結果を求め、さらには今回はしっかりと自分自身も結果を残せるように、合宿中の練習から戦っていきたいです。現在U-16、U-19と各カテゴリーにガンバ大阪から選手が選出されています。その誇りとチームメイトの想いを持ってしっかりと戦ってきます」

●DF槙野智章(浦和)
「日本代表に選出していただき、大変光栄です。9月の最終予選では、怪我で離脱し悔しい思いをしましたので、あの悔しさをぶつけたいと思っています。日本のために全力を尽くして戦ってきますので、応援よろしくお願いします」

●DF森重真人(FC東京)
「日本代表に選出していただき、大変光栄です。まずは最初の試合で勝つことが非常に重要だと考えています。しっかりと勝利して良い流れを作りたいと思います。その上で、アウェーでの2戦目もチーム全体で準備をして、勝利を掴みとれるよう精一杯頑張ります」

●DF丸山祐市(FC東京)
「日本代表のメンバーに選んでいただき光栄です。アジア最終予選なので、しっかりと結果を求めて日本のために戦いたいと思います。まずはホームで迎える一戦目を大事に戦い、二戦目のアウェーでもしっかりと結果を残せるようにいい準備をしたいと思います」

●MF山口蛍(C大阪)
「初戦は負けてしまっているので、これから先は1つも落とせない試合が続きます。1試合1試合集中し、100%の力を出して頑張っていきたいです」

●MF柏木陽介(浦和)
「日本代表に選出していただき、大変光栄です。9月の最終予選では、途中で怪我をして試合に出場することができず、悔しさしか残っていないので、自分らしさを前面に出して、ゴールに絡むプレーを見せたいと思っています。日本の勝利に貢献できるようにがんばってきますので、応援よろしくお願いします」

最終更新:9/29(木) 18:27

ゲキサカ