ここから本文です

新型ディスカバリーを世界初披露

carview! 9/29(木) 9:34配信

ランドローバーは、本格SUV「ディスカバリー」の新型を世界初披露した。ディスカバリーは2014年のニューヨークオートショーでコンセプトカーが初披露され、このたび市販モデルが披露された。

【写真をもっと見る(7枚)】

新型ディスカバリーは、ランドローバーのラインアップの中で、3列シートのフルサイズSUVという位置づけとなる。全長は4970mmあり、3列目シートにも大人が十分に座れるスペースを確保。ランドローバーによると、95%の成人の体型に対応できるという。

また3列のシートはさまざまなアレンジが可能。ユニークなのは、シートアレンジをスマホでリモコン操作できる点だ。これは世界初の機能となる。

本格SUVとして機能面でも進化を遂げている。サスペンションは車高調整が可能で、ロードクリアランスを最大で283mmに設定できる。これにより渡河性能は従来モデルより200mm大きい900mmを達成。また乗降時は40mm車高を下げることも可能だ。

エンジンは、最高出力180psの4気筒ディーゼルエンジンをはじめ、新世代の4気筒ディーゼルエンジン(最高出力240ps、最大トルク500Nm)および6気筒ディーゼルエンジン(最高出力258ps、最大トルク600Nm)、それにガソリンエンジン(最高出力340ps、最大トルク450Nm)が設定される。トランスミッションは全車8ATが組み合わされる。

発売は2017年春が予定され、イギリスでの車両価格は4万3495ポンド(約572万円/1ポンド131.6円換算)から設定される。

株式会社カービュー

最終更新:9/29(木) 9:34

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。