ここから本文です

【UFC】審判に蹴り&中指、ロイ・ネルソンが裁判へ

イーファイト 9/30(金) 11:58配信

 9月24日(土・現地時間)ブラジルにて開催されたMMA(総合格闘技)イベント『UFC Fight Night 95』で、アントニオ・ペイザォン・シウバ(ブラジル)にKO勝ちしたロイ・ネルソン(アメリカ)が、試合後に行った行為について批判を受けている。

【フォト】2014年のUFC日本大会でマーク・ハントと対戦したネルソン

 その試合では、ネルソンが2R終盤にシウバを右フックでダウンさせ、すかさず上から追撃のパウンドを数発振り落としたところで、レフェリーのジョン・マッカーシーが試合をストップした。その直後、ネルソンはマッカーシーに対して、試合を止めるのが遅かったと怒りを露にし、蹴りを入れたうえに中指を立てた。

 この行為に対して、UFCのデイナ・ホワイト代表は「謝って済まされるものではない。彼(ネルソン)は批判されるべきだ。どのような理由があろうと、あのような行為をレフェリーに働いてはならない」と批判。「ブラジルのアスレチック・コミッション(格闘技の競技統括を担う組織)はこの行為に対して何らかのアクションを起こすべきだ」と、ネルソンに対するペナルティーの必要性を訴えた。

 当のネルソンは試合後の会見で自身の行為について釈明。以前、マッカーシーと試合中のダメージについて話し合う機会があったにもかかわらず、それが活かされていなかったと怒りの真相を話した。

 ネルソンによると、右フックを見舞った時点で、シウバが意識を失っていたことは明らかだったという。「待てども待てども、レフェリーは何もしない。だから俺は爆弾(パウンドのこと)を落とし始めた。シウバは俺の友人だし、彼にも家族がいることは知っている」とその瞬間を振り返る。

 マッカーシーへの行為については「俺はジョン(・マッカーシー)に『おい、頼むぜ。彼はKOされてただろう?』という意思表示をしたつもりだった。俺はKOがどういうものか分かっているし、(試合は)生活のためにやっている」と説明。「俺も心が痛かった。シウバにも謝罪したが、自分の行為を取り消すつもりはない」と主張している。

 しかし、ブラジルのアスレチック・コミッションはネルソンをスポーツ裁判にかけることを発表。ネルソンに対して、何らかの処分を下す構えだ。

最終更新:9/30(金) 11:58

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。