ここから本文です

アッシャー4年ぶり新作が米R&Bチャートで1位に 総合チャートでは5位に初登場

bmr.jp 9/30(金) 21:30配信

アッシャー4年ぶり新作が米R&Bチャートで1位に 総合チャートでは5位に初登場

アッシャー4年ぶり新作が米R&Bチャートで1位に 総合チャートでは5位に初登場

これまでグラミーを8度授賞、今月上旬にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名を刻まれ、世界のエンターテイナーとして評価されたアッシャーが、待望のニュー・アルバム『Hard II Love』を発売。米R&Bチャートで初登場1位を獲得した。

2012年発売の前作『Looking 4 Myself』発売後、翌年には米人気番組『The Voice』のコーチとしてレギュラー出演したアッシャーは、当時から、自身のフルネーム、アッシャー・レイモンドのイニシャルとなる『UR』というタイトルになるとされた新作を制作中であるとコメント。2014年には“Good Kisser”、ファレル・ウィリアムスがプロデュースし、ニッキー・ミナージュが参加した“She Came To Give It To You”といったシングルを発表するなど新作発売に向けて動いていたものの、同年9月になって「新作の発売スケジュールはもうなくなったんだ。一度撤回するんだよ。また時間をかけて制作しようと思う」と白紙撤回したことを明かしていた。

その後発表したジューシィ・Jとの“I Don't Mind”は全米チャート最高11位、R&B/ヒップホップ・チャートでは1位を獲得するなど好成績を記録したが、映画『Hands Of Stone』への出演が決まったこともあってレコーディングが遅れていた。しかし、昨年末に長年の恋人と結婚、そして今年に入って、ジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデらのマネジメントで知られるスクーター・ブラウンとマネジメント契約を結び、新作発売へ向けて本格的に始動。ついにニュー・アルバム『Hard II Love』を完成させた。

ヤング・サグ、フューチャーらをゲストに迎え、制作陣にはザ・ドリーム&トリッキー・ステュワートと久々にタッグを組んだほか、ラファエル・サディーク、B.A.M.、パーティネクストドア、メトロ・ブーミンから、アデル作品などで知られるポール・エプワースまでが参加。9月16日に発売されたこの4年ぶりの新作は、初週およそ2万8000枚を売り上げて、米R&B Albumsチャートで初登場1位を獲得した。Top R&B/Hip-Hop Albumsチャートでは、同日発売となったマック・ミラーのニュー・アルバム『The Divine Feminine』にトップの座を譲り、2位となっている。また、実売セールスにストリーミング・サービスなどでの再生回数や単曲ダウンロードなどのポイントを足した総合ではおよそ3万8000枚相当となり、アルバム総合チャートでは初登場5位となった。Top R&B/Hip-Hop Albumsチャートで1位を制したマック・ミラー『The Divine Feminine』は、およそ4万8000枚相当(実売およそ3万2000枚)でアルバム総合チャート初登場2位となっている。

なお、アッシャーのこの最新作『Hard II Love』は、10月5日に日本盤が発売。ボーナストラックとして、ファン人気の高い“Good Kisser”、そしてファレル制作で、ニッキー・ミナージュが参加した“She Came To Give It To You”と、アルバム未収録に終わっていた2曲が追加収録される予定となっている。

1. “Need U”
2. “Missin U”
3. “No Limit” (feat. Young Thug)
4. “Bump”
5. “Let Me”
6. “Downtime”
7. “Crash”
8. “Make U A Believer”
9. “Mind Of A Man”
10. “FWM”
11. “Rivals” (feat. Future)
12. “Tell Me”
13. “Hard II Love”
14. “Stronger”
15. “Champions (From "Hands of Stone")” - Usher & Ruben Blades

[Japan bonus tracks]
16. “Good Kisser”
17. “She Came To Give It To You” (feat. Nicki Minaj)

最終更新:9/30(金) 21:30

bmr.jp