ここから本文です

姉妹漫才「やすとも」人気買い物番組の自腹総額はウン百万円!?

東スポWeb 9/30(金) 5:13配信

 姉妹漫才コンビ「海原やすよ ともこ」がこのほど、大阪市内でテレビ大阪のスペシャル番組「やすとものどこいこ!?~買い物の秋!ゴールデン2時間スペシャル~」(10月15日午後6時58分、関西ローカル)の収録に参加した。

 同番組は、やすともがゲストと一緒に町を散策し、気になった商品を購入する「やすとものどこいこ!?」(日曜午後3時)のスペシャル版。関西ローカルでありながら、姉が番組を見ていたという縁から「KinKi Kids」の堂本剛(37)が2度も出演したり、落語家・月亭八光(39)から「お前、あの番組だけは絶対出とけ」と言われた関ジャニ∞の横山裕(35)が「あの番組、どうしたら出れますか?」と出演を熱望しているという人気番組だ。

 妹のやすよ(40)は、人気の秘訣について「この番組を始めてからCMっぽい仕事も来るんですけど、受けちゃうと偏ったものを選んで、ほかのものをいじれなくなる。この番組のために結構、仕事断ってるんですよ。だからこそ長く続けられたのかな」と苦笑。姉のともこ(44)も「目先のお金に目がくらまずに、ウソを言わずにやってきたから」と同調した。

 これまで、テレビなどの高額商品を購入したり、番組で気になった商品を後日、プライベートで買いに行ったりしているという2人。家族からの“買い過ぎ”の指摘について、やすよは「今はだいぶ言われなくなりました」と話したが、自腹の総額については「5年も続けてるから怖いです。(何百万とか)いってるかもしれない」とビビった。

最終更新:9/30(金) 5:32

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]