ここから本文です

IoT製品・サービスの開発を支援するプログラムを開始

MONOist 9/30(金) 9:55配信

 大日本印刷(DNP)、Kiiなど15社は2016年9月12日、IoT(モノのインターネット)に関連する企業の製品・サービスの開発を総合的に支援する「IoT支援プログラム」を開始した。

 IoT支援プログラムは、IoT製品やサービスの開発に取り組む企業が、必要な専門性をもった企業を分かりやすく選ぶことができる仕組みだ。

 プログラム参加企業は、提供できるIoT製品・サービスの範囲や特長を、開発に必要な機能・要素の概念図に沿って示す。プログラム参加企業と利用企業は概念図により、どの企業がどのような機能や要素を提供できるか理解できる。

 プログラム参加企業は、各種問合せにも対応する。IoT製品・サービスの開発に取り組む企業は、開発に必要な専門性をもった企業群を迅速に見つけられ、効率的な開発につながる。

 同プログラムは、15社が参加する団体「Kiiコンソーシアム」を通じて実施される。DNPとKiiは今後、プログラム参加企業を増やすとともに、IoTの普及に向けた取り組みをKiiコンソーシアムとしてさらに進めていく。

 IoT関連の製品やサービスには広範囲で多岐にわたる機能が必要であり、複数の企業が機能を補い合うことが重要になる。その際、多くの企業と協業することにより、各社の技術の理解や役割分担の調整など負荷が高くなる、機能や要素を1社に任せると選定が公平性を欠くものになる懸念やコスト増につながるといった課題があった。IoT支援プログラムは、こうした課題の解決に向けて実施される。

最終更新:9/30(金) 9:55

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。