ここから本文です

エアアジア・ジャパン、仙台中止 札幌17年初め目指す

Aviation Wire 9/30(金) 14:02配信

 中部空港(セントレア)を拠点に就航準備を進めるエアアジア・ジャパン(DJ)は9月30日、運航を予定していた中部-仙台線を中止すると発表した。同社では中止の理由を「事業の選択と集中を図る」と説明している。また、札幌線は2017年初旬、台北線は同年春の運航開始を目指す。

 エアアジア・ジャパンは2014年7月、楽天(4755)などと共に日本市場への再参入を表明。中部空港を拠点に2015年夏の就航を目指していた。その後、路線計画の見直しで2016年4月に延期したが、運航体制が整わないことや、2015年12月の経営陣交代などにより今夏に再延期した。

 新経営陣に移行後も安全管理体制の構築などに時間がかかり、就航時に必要な2号機の受け入れを3カ月延期。5月の受領後は、10月就航を視野に入れていた。

 エアアジア・グループのトニー・フェルナンデスCEO(最高経営責任者)は7月、Aviation Wireに対し、2017年1月までに就航するとの見通しを明らかにしていた。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/30(金) 14:15

Aviation Wire

なぜ今? 首相主導の働き方改革