ここから本文です

ハンモック、ソフトクリエイトの「L2Blocker」と機能連携

BCN 9/30(金) 14:49配信

 ハンモック(若山正美社長)は9月30日、IT統合管理ソフトウェア「AssetView Ver.9.0.0」で、ソフトクリエイト(林宗治社長執行役員)の不正アクセス端末検知・遮断システム「L2Blocker」と機能連携することで合意したと発表した。10月末に連携を開始する予定。

 今回の連携によって、社内で把握できている機器はAssetViewで管理し、把握できていない機器をL2Blockerで検知、遮断することが可能となり、社内ネットワークの情報漏えいリスクを軽減することが可能となる。

 具体的には、L2Blockerを設置することで不正な機器の接続を検知して遮断することができ、L2Blockerで収集した情報は、AssetViewの管理画面から確認することが可能になる。IT資産管理以外のAssetViewの機能も同じ画面で統合管理ができ、L2Blockerと組み合わせることで包括的な情報漏えい対策が実現できる、としている。

最終更新:9/30(金) 14:49

BCN