ここから本文です

MIT5位、ハーバード23位…留学生が選ぶべき米国の大学ランキング

リセマム 9/30(金) 17:45配信

 世界有数の経済誌、米Forbes(フォーブス)は9月29日(現地時間)、「留学生が選ぶべき米国の大学」上位50校のランキングを発表。アメリカの4年制公立・私立大学を対象に、外国人学生にとって重要な項目をもとに評価した結果、1位はバブソン大学(Babson College)が選ばれた。

関連画像を見る

 昨今はアメリカの大学で学ぶ外国人留学生の数が急増しており、米国際教育研究所(IIE)によると2015年は過去35年間で最大の伸び率を記録。留学生の数はおよそ100万人に達したという。

 フォーブスは外国人留学生に向け、アメリカ内での評価(順位)や在籍する留学生の人数とその推移、留年せず卒業する留学生の数、留学生に人気の高いビジネス・起業に関連した学科、STEM(科学、技術、工学、数学)関連学科の教育水準を評価項目とし、アメリカ内の大学を独自基準で評価。

 結果、総合1位にはマサチューセッツ州ウェルズリー市に本部を置く私立大学であるバブソン大学(Babson College)が輝いた。2位にはブリンマーカレッジ(Bryn Mawr College)、3位にはクレアモント・マッケナ・カレッジ(Claremont McKenna College)が続く。

 タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)やクアクアレリ・シモンズ(QS)による世界大学ランキングで高評価を受けている大学をみると、マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology、MIT)は5位、プリンストン大学(Princeton University)は8位、ハーバード大学(Harvard University)は23位、スタンフォード大学(Stanford University)は24位、エール大学(Yale University)は25位に入っている。

 フォーブスは、今回のランキングを「アメリカの大学への留学を目指す学生とその家族のために作成する、ほかに類をみない大学ランキング」とし、増加する外国人留学生にとって最善の学習環境を提供するアメリカの大学を明らかにしたと述べている。

◆留学生が選ぶべき米国の大学
上位10校
1位 バブソン大学(Babson College)
2位 ブリンマーカレッジ(Bryn Mawr College)
3位 クレアモント・マッケナ・カレッジ(Claremont McKenna College)
4位 コロンビア大学(Columbia University)
5位 マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)
6位 マウント・ホリヨーク大学(Mount Holyoke College)
7位 ジョージタウン大学(Georgetown University)
8位 プリンストン大学(Princeton University)
9位 ブランダイス大学(Brandeis University)
10位 ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)

《リセマム 佐藤亜希》

最終更新:9/30(金) 17:45

リセマム