ここから本文です

東京の名所が手のひらに 100のピースで東京広域を再現した精巧なジオラマが開発中

ねとらぼ 9/30(金) 8:10配信

 3Dでのものづくりを手掛けるiJetが、3Dプリンタで製作した東京のジオラマ「ONE HUNDRED TOKYO」を開発しました。千代田区を中心にした広域を、100のピースに分けて再現。1ピースのサイズは100ミリ四方で、手のひらの上で名所をながめて楽しめます。

【画像:スカイツリーも再現】

 製作にはゼンリン提供の都市モデルデータを利用。基礎素材は石こうで、レジンのコーティングが施されています。裏面には他のピースと連結する際の参考となる座標が記載。マグネットが埋め込まれており、スチール製のデスクやパーティションに貼り付けて飾ることができます。

 100ピース集めれば、1メートル四方の東京立体地図に。現在は13ピースが完成しており、残り87ピースの開発・量産のため、クラウドファンディングサイトのKickStarterで資金を募っています。先行販売価格は1ピースあたり85ドル(約8600円)から。プロジェクトは2017年中の完成を目指して進行しています。

(沓澤真二)

最終更新:9/30(金) 8:10

ねとらぼ