ここから本文です

【フィリピン】アライアンス、事業拡大に1500億ペソ投資

NNA 9/30(金) 8:30配信

 フィリピンの有力実業家アンドリュー・タン氏率いる持ち株会社アライアンス・グローバル・グループ(AGI)は29日、17年までに不動産、酒造、ホテルなど全事業の拡大に1,500億ペソ(約3,152億円)超を投資すると明らかにした。
 AGIのキングストン・シアン社長は声明で、「業績は好調で、今年と来年は過去5年以上に積極的に投資を続ける」と述べた。2010~15年の5年間の投資額は2,700億ペソで、17年までにその半分近い1,500億ペソを投じる。出資会社別では、不動産メガワールドでの都市開発、オフィス開発の加速、酒造エンペラドールの主力ブランドの輸出加速、観光開発子会社グローバル・エステート・リゾーツ(GERI)などホテルの客室数の拡大を進める。このほか、マクドナルド運営会社ゴールデン・アーチス・デベロップメント(GADC)はマクドナルドの出店数を8割増の900店まで伸ばしたい考えだ。
 アンドリュー・タン会長は、「国内外で投資を拡大し、収益基盤を強化することで成長を確保したい」と述べた。

最終更新:9/30(金) 8:30

NNA