ここから本文です

[新製品]DJI、折りたたみ式で持ち運びやすい小型ドローン「Mavic Pro」

BCN 9/30(金) 17:48配信

[新製品]DJI、折りたたみ式で持ち運びやすい小型ドローン「Mavic Pro」

折りたたみ式のドローン「Mavic Pro」

 DJIは、折りたたみ式の小型ドローン「Mavic Pro」を発表し、9月29日からウェブサイトで販売を開始した。商品の発送は10月15日の予定。

 発表会であいさつしたDJIJAPANの呉稲代表取締役は、「誰でも飛ばせるドローンを作り始めて10年間、常に自分たちを超えるように挑戦してきた」と話し、「ドローンは農作業もできるようになり、人の役に立つ機会が増えてきた」と近況を語った。新製品については「人々のライフスタイルを変えるような体験を提供できるだろう」と期待する。

 「Mavic Pro」は、折りたたむと500mlのペットボトルほどのコンパクトなパーソナルドローン。重さも0.7kgと軽く、バックに入れて持ち運び、使いたい瞬間にすぐ使うことができる。

 コンパクトであっても性能は高い。最大4kmの通信距離と、27分の飛行時間ができる。バッテリ不足に陥ったり、通信が切断されたりしても、録画情報や衛星からの情報を駆使して、離陸場所へ戻ってくる。

 カメラはオートフォーカスで0.5mの焦点距離を実現。画素数は1200万で、最大フレームレートは4Kは30fps、フルHDは96fps。さらに、「アクティブトラック」機能を搭載し、自動で被写体を追跡。進行方向からや、横から、周りを飛びながらなど、さまざまな方法で追尾する。

 初心者でも操作しやすい工夫を凝らしており、タップフライ機能を使えば、障害物を自動で回避しながら飛行させられる。また、飛行禁止エリアや飛行に問題のあるエリアなども「Mavic Pro」が特定するので、いつどこで飛ばせるのかを簡単に把握できる。

 ドローンを操作する送信機はゲームコントローラのような形状で、「直感的な操作ができる」という。近距離で使う場合はスマートフォンでも操作できるほか、VRヘッドセットのようなDJIゴーグルも発売する予定。空撮中のFPV(一人称ビュー)アプリ向けに設計したDJIゴーグルの側面にはタッチパネルも備え、スマホで操作する場合と同程度の機体の操作が可能となる。

 税込価格は、送信機と本体のみで11万9800円、予備のプロペラ、バッテリ2台、充電ハブ、アダプター、シガーソケットチャージャー、ショルダーバッグを含む「Mavic Proフライモアコンボ」は15万5800円。DJIのウェブサイトに加え、10月中旬から深セン、ソウル、香港のDJI旗艦店でも販売する予定。また、Apple.comで先行予約することもでき、Apple Storeでの販売開始は11月初旬となる予定。

最終更新:9/30(金) 17:48

BCN