ここから本文です

体感型映像作品「KAMUY」に村上虹郎とYJY・ゆう姫が出演 YJYによる主題歌のリリースも決定

CDジャーナル 9/30(金) 18:32配信

 サカナクションのミュージック・ビデオや、「blind」、「Social 0.0 LAB」、タワーレコード「LIVE LIVEFUL!」などの作品で国内外からの注目を浴びる映像作家・ショウダユキヒロ監督が、新作「KAMUY(カムイ)」を製作。上映環境も包括する体感型映像作品として10月29日(土)、30(日)の2日間、東京・代官山 ヒルサイドプラザにて上映企画〈-KUMUY- A NEW EXPERIMENTAL FILM EXPERIENCE〉が開催されます。

 “森羅万象や母性の象徴としての女神によって、攻撃性の象徴である男性兵士に宿ったその胎児が見て感じた記憶の世界”を描く「KAMUY」には、映画『ディストラクション・ベイビーズ』(監督 真利子哲也 / 主演 柳楽優弥)やTVドラマ「仰げば尊し」(TBS系)などでの演技が話題となっている村上虹郎と、Young Juvenile Youthのヴォーカリスト・ゆう姫(Yuki)が出演。特殊メイクアーティスト・JIRO、スタイリスト・伏見京子、新感覚のCG制作専門チーム・AnimationCafeといった先鋭的なスタッフが集結しているほか、会場での展示作品を現代美術作家・三嶋章義(FUGAHUM)が担当。音楽制作はYoung Juvenile Youthの作曲家・JEMAPURと、小野雄紀(WONDROUS)が手がけています。主題歌にはYoung Juvenile Youthの新曲「A Way Out」を起用。

 なお主題歌「A Way Out」は、今年5月のEP『In Blue』 以来のYoung Juvenile Youth新作として、10月28日(金)に数量限定のカセットテープ・フォーマットでリリース決定。同日からはiTunesでの配信もスタートします。

最終更新:9/30(金) 18:32

CDジャーナル