ここから本文です

二股を笑いに変えたトレエン斎藤 元カノの反論次第で大炎上も

東スポWeb 9/30(金) 10:00配信

 お笑いコンビ・トレンディエンジェル(斎藤司=37、たかし=30)が28日、東京・新宿で「カラ館レディース 歌舞伎町店」のオープン記念イベントに出席。今月、斎藤が写真週刊誌「フライデー」で、過去の交際相手に二股を暴露された件について語った。

 同誌では、斎藤の二股被害者とされる辺見えみり似の女性(28)が、2014年夏に出会って以来「本命の彼女がいることを隠されていた」と怒りの告発。“ゲス二股交際”と報じられていた。

 斎藤は「記事が出ちゃったのは不徳の致すところです」と先日、不倫謝罪会見を行った歌舞伎俳優の中村橋之助(51)の言葉を引用して謝罪。

 一方で二股については「そもそも本命の彼女とカブってない。2年前に一時的に本命の彼女と別れてるときに、記事の女性と何回かお会いしました。もう2年間会ってないです」と完全否定した。だが、本命彼女からは「一発みぞおちにもらいました」と、しっかりおきゅうを据えられたようだ。

 本命彼女との結婚は11月とも噂されているが、斎藤は結婚前に浮気する人が多いことに触れながら「今は最後の悪あがきをしてる。何してるって? ヤッちゃってるってことだよ。“セクササイズ”を!」とブチまける余裕っぷりで、爆笑の会見を締めくくった。

 これにはワイドショー関係者も「デキすぎだった(三遊亭)円楽師匠の不倫謝罪会見は超えられないけど、きっちり説明した上で笑いをとっていたのはよかった。さすが昨年のM―1王者」と高評価だった。

 今年はベッキー騒動に始まる男女スキャンダルが噴出していただけに、斎藤も一歩間違えば事務所の先輩・とにかく明るい安村(34)のように表舞台から“消える”危険性もあったが、幸いだったのは不倫ではなかったことだろう。

 前出の関係者は「完全否定で沈静化するでしょうが、万が一、女性が反論したら世間の見方も変わってくる」と、今後の展開次第で炎上の可能性も指摘。安心するのはまだ早いかも!?

最終更新:9/30(金) 10:08

東スポWeb