ここから本文です

galeria de muerte主宰ブランド「DEATH BY METAL」が373起用の新作展示会を開催

CDジャーナル 9/30(金) 18:32配信

 ジンやアートブックをはじめとする世界各国のアート作品を扱うオンラインセレクトショップ「galeria de muerte」。同店が手がけるアンダーグラウンド・メタル・モチーフのアパレル・ブランド「DEATH BY METAL」が、10月8日(土)から10日(月・祝)までの3日間、東京・高円寺 CORNER PRINTING KGにて新作の展示販売会を開催します。

 昨年はBREAKfAST / DJ HIGHSCHOOL、BUTCHER ABC / UNHOLY GRAVEといったスプリット作やMONAD『The Monad Collective』などのカヴァー・アートや、GUILTY C.、FELEM SKATESなどのTシャツ・デザインを手がけるアーティスト・PARANOIDをフィーチャーしたラインを展開したDEATH BY METAL。今年はSEMINISHUKEIやBUSHMIND『Good Days Comin'』、dREADEYE『this is for the new breed』などのカヴァー・アートを手がけ、DJ DISCHARGE(ABRAHAM CROSS)のコラボレーターとしても知られるDJ、長野にてスケートパーク / ショップ「TOCHKA」を運営するスケーターとしても活躍する画家・373を起用。展示会では同氏デザインのTシャツに加え、ソックス、マグカップなどのDEATH BY METALグッズも販売予定。詳しくはオフィシャル・サイト(galeriademuerte.com/deathbymetal.html)にてご確認ください。

最終更新:9/30(金) 18:32

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]