ここから本文です

北條よ、振りこめ! 阪神・金本監督が重量バット2種類プレゼント

デイリースポーツ 9/30(金) 6:04配信

 阪神・金本知憲監督(48)が29日、北條史也内野手(22)に2種類の重量バットを授け、今秋の振りこみ指令を出した。

 練習中、指揮官がまな弟子にプレゼントを手渡した。長さ、重さの違う練習用のマスコットバットには、来季飛躍への期待感が詰まっている。「北條に重たいバットを渡したよ。短いものと長いものをね。この秋にしっかり振ってもらうから」

 金本監督は現役時代、約1キロの重量バットを練習時の相棒に、強く速いスイングを追求した。北條にも自らの経験を生かしてほしい。そんな思いで、現役時代から契約するSSK社に(1)長さ92センチ-重さ980グラム、(2)同90センチ-同960グラムの2本をサンプルで発注したという。

 北條は「今まではマスコットバットを作っても継続して使うことはなかった。(重量バットは)ヘッドの重みを感じながら打てる。もっとレベルアップしないといけない」。現在使用する試合用のバットは88・9センチ-905グラム。別次元のスイングを完成させ、実りの秋にする。

最終更新:9/30(金) 23:41

デイリースポーツ