ここから本文です

<ファミコン>手のひらサイズのゲーム端末に ソフト30本セットで11月発売

まんたんウェブ 9/30(金) 15:59配信

 任天堂は30日、1980年台に大ヒットした家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」をデザインし、手のひらサイズにしたゲーム端末「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を11月10日に発売することを明らかにした。ゲームソフト30タイトルが付く。価格は5980円(税抜き)。

【写真特集】懐かしすぎる! 外箱のデザイン

 「ファミリーコンピュータ」は、1983年7月15日に日本で発売され、世界で6000万台以上を売ったゲーム機で、「ファミコン」の愛称で知られる。海外では「Nintendo Entertainment System(NES)」の名で売り出され、「ニンテンドー」の名前を世界に知らしめた。

 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は、縦は約14センチ、横は約11センチ、高さは約5センチで、ファミコンの60%の大きさ。当時のカセットの差し替えなどはできず、内蔵されたソフトのみで遊ぶ。パワーボタン、リセットボタンもあり、コントローラーも小型化した。テレビの接続はHDMIケーブルで、USBケーブルから給電する。「アナログテレビ」モードに切り替えると、ブラウン管テレビの画面と走査線を再現でき、ゲームの進行状況を「中断ポイント」として1タイトルにつき四つまで保存できる。

 ソフトは、1983年から93年までの11年間に発売された30タイトルを用意した。任天堂は「日本向けのものを選んだ」と話している。収録ソフトは以下の通り。 

スーパーマリオブラザーズ▽マリオブラザーズ▽ドンキーコング▽アイスクライマー▽エキサイトバイク▽ロックマン2▽ダウンタウン熱血物語▽バルーンファイト▽イー・アル・カンフー▽パックマン▽魔界村▽グラディウス▽ソロモンの鍵▽つっぱり大相撲▽スーパーマリオブラザーズ3▽ファイナルファンタジー▽ギャラガ▽ドクターマリオ▽アトランチスの謎▽星のカービィ▽ダウンタウン熱血行進曲▽ゼルダの伝説▽メトロイド▽悪魔城ドラキュラ▽リンクの冒険▽忍者龍剣伝▽マリオオープンゴルフ▽スーパーマリオUSA▽ダブルドラゴン2▽スーパー魂斗羅

最終更新:9/30(金) 16:47

まんたんウェブ