ここから本文です

映画「胸騒ぎのシチリア」、青い海に超ハイテンションなヴォルデモートがいた!

ねとらぼ 9/30(金) 6:10配信

 11月公開の映画「胸騒ぎのシチリア」の予告動画が解禁されました。同作はアラン・ドロン、ロミー・シュナイダー、ジェーン・バーキンが出演した1969年の映画「太陽が知っている」のリメイク作品です。

【画像:何だかハイテンション過ぎて笑ってしまうレイフ・ファインズ】

 喉の手術で声がうまく出せないロックスターのマリアンが、年下の若い恋人・ポールとのバカンスをエンジョイしているところに現れた昔の恋人・ハリーとその娘のペン。誘惑と嫉妬が渦巻く人間模様が描かれます。度肝を抜かれるラストも用意されているとのこと。

 ハリー役は「イングリッシュ・ペイシェント」や「グランド・ブダペスト・ホテル」、「ハリー・ポッターシリーズ」のヴォルデモート役で知られるレイフ・ファインズ。名優ファインズの、かつてないほどのハイテンションな演技が秀逸です。また、マリアン役は「フィクサー」でアカデミー賞に輝いたティルダ・スウィントン、監督は「ミラノ、愛に生きる」のルカ・グァダニーノが務めます。

 同作の魅力の1つは、舞台となったシチリアのパンテッレリーア島の美しく青い空と海。シチリアとチュニジアの間に位置し、多くのセレブがバカンスを過ごすことで知られるこの島には、トム・クルーズとペネロペ・クルスがお忍びでやってきたこともあるとか。また、音楽はザ・ローリング・ストーンズが、衣装はディオールが担当。見どころの詰まった作品になりそうです。

(C) 2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED

最終更新:9/30(金) 6:10

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]