ここから本文です

おぎやはぎ矢作 ゲス川谷を「ブサイク」 小木は「妖怪の顔」と猛爆

東スポWeb 9/30(金) 11:31配信

 おぎやはぎの矢作兼(45)と小木博明(45)が30日未明のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」に出演して、新恋人の存在が発覚した「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音(27)を「ブサイク」「妖怪の顔」とばっさり斬った。

 ゲスの極み乙女。の曲を聞いた後、2人は川谷を「才能の塊」と口を揃え音楽の能力を認めたが、ルックスに物申した。

 矢作は「顔がさあ、ダメじゃん…絵音君。もし、顔が松田翔太だったら、誰も叩かないんじゃないの。雰囲気もあるし。顔が悪いから叩かれてんじゃないの?」と持論を展開。続けて「お前みたいなもんが、ベッキーをもてあそびやがって、とかさあ。ファンだとしてもだよ。手を出したところで…これ、悔しいんだよ。こんなブサイクがさあ」と、けちょんけちょんだ。

 これを受け毒舌の小木もさすがに「もうちょっとくらいだよね。普通くらい。女性は、才能で見るから、男を」と笑いながら微妙にフォロー。

 止まらない矢作が続ける。「考え直してほしいよ。(新恋人の)ほのかりん(19)。かわいいじゃん。ベッキーにいって、ほのかりんでしょ」と、ずば抜けてモテることに不満をぶつける。

 また、ほのかが未成年ながらバーで川谷と会っていたため、レギュラーの「Rの法則」(Eテレ)から降板させられる可能性も浮上。川谷と不倫したベッキーも芸能界に完全復帰できないでいる。

 これに小木が「絵音君に絡むと、みんな不幸になって。このコだってもう、出れなくなっちゃうよ」と、さげちんぶりを指摘。

 苦笑いの矢作は「全部さ、運を吸い上げる人がいるって言うじゃん。それを全部、自分のパワーに変えるっていう」。

 ダメ押しでルックスに関してフォローに回っていた小木が翻意し「確かに、これ(川谷は)妖怪の顔だもんね。気持ち悪い妖怪の顔。妖怪の絵に出てくる顔だよ。髪形も目しか出てないし」と化け物扱いして批判した。

最終更新:9/30(金) 11:40

東スポWeb